2013年12月26日

しつけ!犬に従属心を養わせよう


自然に従属心を養わせるために、ホールドスティとマズルコントロールをしよう!

犬と飼い主の信頼関係を深めるためにまず、犬が飼い主に安心して体をあずけれるように。

それにはホールドスティとマズルコントロールを!

とあります。犬は背後に立たれたりするのが苦手。

そしてマズル(口吻)を触られるのも苦手なので、その訓練から!

はーーーーい!
(^^)/

出来るだけ子犬の時期からするのがいいらしい。

が・・・・・

チロはすでに5年も経過しています。

まーまー、じっくりとしていきましょう。

まずはお座りをさせて背後に立ち、飼い主は膝まづきます。

そして両膝ではさんで両手で胸を触ってみます。

フムフム。

チロは大人しくしてますね。

怖がらないように優し〜く、ゆっくりとマズルを下から持ってみましょう。

恐る恐る・・・・・。

うんうん。ゆっくりと落ち着いて、してあげればチロも大人しくしています。

ここでポイントが書いてありました。

途中で話しかけたりはダメだそうです。

マズルを持った手で口を右へ、左へ、上、下と優しく、ゆっくり動かしていきます。

ちょっと嫌そうな顔をしていますが、いうことをきいてます。

エライ!!( *´艸`)

そして犬の後ろで飼い主が立ち解放して終わり!

ということです。

パチパチ!!

この辺はチロは大人しくできましたーーー!

でも途中で逃げ出そうとしたりしたときは、ゆっくり落ち着いてホールドしてあげたら

大人しくなりました。

毎日するのが大切だそうです。


これから芸を教えていってみたいと思います。

お手!やお座り!待ては小さい頃からしていたのでするのですが、

この年齢でも他の芸ができるのでしょうか・・・・。

チンチン(sit up)をまずしようと思います。

初日の様子から動画を撮って成長する(しないかも・・・)様子を残していきたいです!

バーーンと拳銃の仕草でゴロンとなる芸を教えるのも載っていたので行く行くはそれもチャレンジしてみまーす!

私は下の本を読んで、自分なりに感想を交えて書いてます。

この通りにしたら、犬が少し可愛そうな感じに思えたりもします。

でも本を読んでるとそれも正解なのかなぁ、と思ったりもします。

飼う犬によっても違いますしね。チワワとコーギーでは飼う心構えも違いますしね。

犬の気持ちがわかればしつけはカンタン! (実用BEST BOOKS)

新品価格
¥1,260から
(2013/12/19 13:38時点)


posted by チロ at 14:15| Comment(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。